第45回卒園式

3月15日に第45回卒園式が行われ、44名の子どもたちが幼稚園を巣立っていきました。

一人ひとり卒園証書をもらい、大きく成長した姿を見せてくれました。

幼稚園の先生みんなで、これからの成長と楽しい小学校生活を応援しています。

た、ランドセルを背負って会いに来てくださいね!

 

→当日の様子はこちらから

港南台幼稚園での園生活はいかがでしたか?

☆長女の時から長年にわたり通わせていただきました。子どもが安心してのびのびと自分らしく育っていける環境を与えていただいたことは私たち家族にとっての拠り所でした。担任の先生方をはじめ全ての先生、職員の皆さんが子どもたちをかわいがってくださったことが嬉しかったです。二人とも幼稚園ではいつも楽しそうにあそび、家ではなかなかできない経験もたくさんさせてもらって充実した日々を過ごすことができました。幼いころの記憶は全てがはっきりと残るものではないかもしれませんが、満たされた思いはきっとこの先の人生において大切なものになっていくと思います。長い間お世話になりました。ありがとうございました。

★上の子から港南台幼稚園で6年間お世話になりました。6年前、初めての子育てで心配がたくさんある中、色々な幼稚園に見学に行き説明を聞きました。そんな中で心から信頼して子どもを通わせたいと思えたのは港南台幼稚園だけでした。入園前これからこの園で過ごす子どもの姿を想像しワクワクしていたのを今でもよく覚えています。先生方がいつも丁寧に一人ひとりの子どもの気持ちに寄り添ってくださってたくさんの愛で包み込んでくださっているのを6年間ずっと感じていました。子どもってこうやって育っていくんだなと思ったし、家族じゃない社会の中で与えて頂ける愛の大切さと当たり前じゃない恵まれた出逢いだったことに感謝し本当に嬉しかったです。今この時代にこんなに愛であふれてゆったりとした時間が流れている空間があるのだろうか、と思うくらいです。私は悩みながら子育てをして間違えちゃったかな?とか正しかったのだろうか。と反省したり不安だったりもしますが、この園を見つけ選び通わせてあげられた事だけは、自分の誇りでもあり褒めてあげたい自信です。この6年間はこの先の子育ての中でもブレない芯として私の心に残り、自信や励ましを与えてくれると思います。全て、先生方、出逢ったお友だち、お母様達のおかげです。息子娘は本当に幸せだったと思います。心から感謝いたします。先生方、たくさんの愛情を注ぎ一緒に育ててくださり本当にありがとうございました。今自分もこの園から卒園するのだなと思うと本当に寂しいです。数えきれない程の素敵な時間を過ごすことができて私自身も成長することができました。母になり港南台幼稚園に出逢いみなさまのおかげでさらに人生が豊かになりました。本当にありがとうございました。

☆港南台幼稚園に出会い、入園させていただいたことを心から感謝しています。最初に対応していただいた二人の先生、お二人の具体的なアドバイスと大丈夫という言葉は今でも心に残っています。園長先生の園だよりのお言葉、懇談会でのお話にいつも癒されて励まされていました。また、すべての先生方が笑顔で穏やかであたたかく、いつも癒され励まされていました。そしてすべてが子ども目線で安心・安全が考えられ、いつでも子どもの気持ちに寄り添っていただきありがとうございました。港南台幼稚園に出会ったことが子どもや家族にとってとても幸せなことでした。待望の子どもに、どんなことだって耐えられる自信がある!と思っていたのに、いざ子育てとなると想像を超える大変さ…。何よりも港南台幼稚園に救われたのはこの私でした。園長先生のお言葉にあったように「母にしてもらえたことに感謝」してこれからも笑顔で頑張っていきます。ありがとうございました。

★おひさまクラブに通い、先生たちの温かさや緑の園庭に心惹かれ、娘も近くの公園よりも園庭で遊ぶのが楽しかった1歳・2歳でした。入園してからたてわり・よこわり保育で過ごした年少中の2年間は兄弟のいない娘にはとても貴重な時間だったと思います。そして年長の一年間は先生たちに見守られながら笑顔で遊んだり、時にはケンカをしたりしつつも年少中の時とお友だちとの関わり方が変わってきたなと保育参加や行事などで感じられることができました。子どもたちを見守り色々考えながら保育をしていただいた先生方に感謝いたします。遊びの中でたくさん成長してきましたし、手仕事・水彩・自由画・歌など、たくさんの表現することを園生活の中で覚えてくれて貴重な3年間でした。ありがとうございました。

☆港南台幼稚園の好きなところ・魅力がたくさんありすぎて書ききれないくらいです。厳選すると…

・園庭!!毎日遊びたくなる場所。春夏秋冬でどれも美しい。手作りの遊具。きちんと手がかけられている草花。すべてがあたたかいです。個人的には園庭から見上げた時の“木々・木の実・葉”越しの青空が大好きでよく空を見上げています。それと背の高いこどもの家の最上階からの眺望!園庭全てが見渡せるし、隣の木と同じ背の高さになり葉に手が届いたり、なんだかリスになった様な気分になります。

・親も毎日来たくなる場所です。サークル、手仕事、羊毛の会。歌ったり手仕事をしながらお喋りしする時間がすごく幸せで、皆と仲良くなれます。手仕事の内容が質が高くて…仕上がった時の「私にもできた!」の気持ちが“半端ない”です。在園中も卒園してからも教えてもらったり、各々作りたい物を持ちよる時もあります。そんな楽しさを教えてもらったのも幼稚園のおかげです。

・園長先生のお話が大好きです。玄関でさり気なく交わす会話、懇談会や行事の際のお話、四ツ葉会でしか聞けなかったヒミツのお話…。母親としての目線で子どもの気持ちや親のあるべき姿を真っ直ぐな言葉で話して下さり、とても学ぶことが多かったです。園長先生が他の先生方のことを「本当によく頑張ってくれています」とよくおっしゃっており、大切にされている気持ちが伝わり、私も先生方を尊敬し、さらに大好きになりました。

★兄弟三人ともお世話になり、本当にありがとうございました。港南台幼稚園を選んだのは近かったこともありますが、卒園生のお母様方が「通わせてよかった」「先生が皆優しい」とおっしゃり、誰一人として否定的な言葉を言わなかったからです。息子は人見知りで初めての事には不安が強く入園式の日には私から離れることができませんでしたが親子で一緒に座って式を過ごすことができ、私も安心しました。園生活が始まってから最初は母子分離で大泣きして私自身がまいってしまいましたが、園長先生が「まずは3日よ」と声かけをしてくださり、本当に4日目から泣くことなくスムーズに登園し始めたのには驚きました。その後誰もが通るであろうケンカやトラブル等もありましたがその時々で先生方が親身になって聞いてくださるので私も安心して預けることができました。本人も楽しく通園でき自信をつけた3年間となりました。本当にありがとうございました。

☆ 3年間(星の子を入れると4年間)大変お世話になりました。私自身最初に通った幼稚園が合わず登園拒否をし、転園をした苦い思い出があり、幼稚園選びは慎重になっていたと思います。距離に関わらず色々な所を見て回っている時にこちらの園と出会いました。問い合わせて見学に行くと園長先生が笑顔で迎えて下さり、園の雰囲気や園庭、園長先生の優しさ溢れる佇まいに惹かれ、この幼稚園に通わせたいと決めたのを覚えています。娘は色々と敏感な方で年少の頃は前期は大泣きでバスに乗る日々。そんな娘をバスの先生も抱っこしてひざに乗せて連れて行ってくれたり、園に着いた時の様子を伝えてくました。担任の先生も親身になってくださり、バス停まで楽しく歩けるようお守りをフェルトで作ってくれて感動しました。年中の時は私が妊婦でほとんど園に行かれなかったのですが、先生が頻繁に電話をかけてくださり様子を伝えていただいたのでありがたかったです。産前産後は朝預かりと保育後預かりも娘に頑張ってもらったのですが、お預かりの先生方もとても優しく接してくださり、娘も「仲良しの先生や友達がいっぱいになった。」とクラスを越えて親しくなれたことで不安定な部分を支えていただきました。年長は、年中の最後に一番仲良しの友達が引っ越ししてしまい不安からスタートでした。でも先生方がその不安な気持ちを共感してくださり安心できるような環境を作ってくださっておかげで色々な子と遊べるようになり、「今日も楽しかった」と言う日がとても多かったと思います。今までは色々感じたり、嫌だなと思ったことも友達になかなか言えず家に持ち帰って吐き出すことが多かったのですが、先生がサポートしてくださり、少しずつ伝えられるようになり子どもだけでも解決できるようになった姿を見るととても成長を感じました。いつも子どもの気持ちに寄り添い、見守り、支えて下さる先生方のおかげで親子共々心から安心して通える幼稚園生活でした。港南台幼稚園に通うことが出来て幸せでした。この幼稚園で出会えた先生方やお友達、様々な経験は一生の宝物になると思います。子どもも親も一緒に成長させていただいたことに心から感謝しております。本当にありがとうございました。

★今、中学2年生の長女が3歳の時、初めての場所は苦手な子だと思っていました。しかし初めて港南台幼稚園に行った日、園庭にすいこまれるように入っていきました。家から少し遠いかなと思いましたが、幸いバスの運行があり、娘も安心して通えそうだと思い、入園致しました。親子共に初めての幼稚園でドキドキもしましたが、人形講習やハンドベル等初めての出会いもたくさんあり、楽しく通わせてもらいました。次女は長女が年長の時に入園したので一緒に行ける安心感がありました。次女は始めのころは毎日泣いていて先生にずっと抱っこしてもらっていましたが、卒園の時には大きな声で堂々と歌う姿が見られ、成長を感じました。三女は次女が年長の時に生まれました。入園が決まってから星の子クラスに入り、親子で園庭で遊んだり、工作をしたり、絵本を読んでもらったり歌ったりという日々が過ごせたのはうれしかったです。入園してからはほとんどバス通園でしたが、手をつないでバス乗り場まで歩きながら園で習った歌を歌ったり、道端の草花や虫の話をしながら過ごした時間が思い出になりました。娘に何が楽しかったか聞いたところ、「(園庭の)3階建てのおうち」との答え。その時そばにいた2人の姉が、「あーそれそれ!いいよねー!」とにぎやかに反応していておもしろかったです。これから子どもたちが大きくなっても、「やさしいおひさま」のすんでいた場所をあたたかく思い出してくれるのではないかなと思います。子どもたちを支えてくださった港南台幼稚園の皆様、本当にありがとうございました!皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

☆“小さな種から芽を出してこんなに大きくなったのか” 港南台幼稚園の園歌のようなこの歌を子どもたちは3年間口ずさんできました。これから大きく大きく育っていくこの子たちはまだこの木の根っこかもしれません。でもこの根っこがしっかりしていないと木は倒れてしまいます。港南台幼稚園ではこの根っこを大事に大事に育てていただいたと私は思っています。「人の気持ちに寄り添えること」「自分の意思をしっかり持っている事」これはいつもどんな時でも先生方が一人ひとりを大切にし、それぞれのペースに合わせて寄り添ってくれたからできること。この大事な根っこの時期を港南台幼稚園で過ごせたことを幸せに思います。そして羨ましくも思います。また子どもだけでなく、保護者も育てていただきました。「お母さんが楽しんでいれば子どもも楽しい」こんな事を言ってくれる幼稚園はなかなかないと思っています。私たち保護者が楽しく活動できる場を快く提供し、時には助けて頂いたこと、この場を借りて感謝申し上げます。3年間、親子共々とても楽しく通わせていただきました。目一杯体を使い、指先を使い何かを作り出し、お友だちとの関係を頭で考え、全力で幼稚園生活を送ったと思います。赤ちゃんみたいだった娘が小学生になるなんてまだ実感が湧きませんが、幼稚園で過ごした温かい3年間を時々思い出してほっとできたらいいなと思います。たくさんたくさんかわいがってもらい、ありがとうございました!やさしいおひさますんでました。

★この幼稚園をなぜ選んだのかと聞かれ、「色がとてもきれいで」というぼやっとした事を言ってしまってから、上の子を含め5年間、港南台幼稚園でお世話になりました。入園した頃は上の子が3歳になったばかり、下の子が1歳半で、2人とも一度泣くとぐちゃぐちゃになって泣き疲れるまで泣いていたので、よく園からおんぶに抱っこで帰宅し、クタクタになって眠りについたことを覚えています。ある日お迎えに行くと、当時上の子の担任をしてくださっていた先生が「今日沢山泣きました」と伝えて下さった顔に少し疲れの色が見えて共感しほっとしてしまった事、下の子がお世話になった初めてのうさぎ組でお昼寝のぬいぐるみを走って届けた時の担任の先生の優しく迎えて下さった表情、また、下の子が年長のクラスで過ごした今年、ある日に見られた成長を先生がお話下さった時、その成長が嬉しくて私はうるっときてしまったのですが、ふと先生のお顔を見ると、同じように涙ぐんでいらしてた事も、先生方が「あの時泣くのを全うさせてあげて良かったと思います」とかけて下さった言葉、「がんばっているわね」と一言かけて下さること…挙げきれませんが、いつも子育ては独りではない、一緒に成長させていただいているというあたたかい気持ちがありました。園舎のところどころに飾られたお花や風がふくと透明な音色をきかせてくれるウィンドチャーム、ひみつ基地のような園庭、大人も子どもも沢山五感を動かして、やさしく温かい時間を過ごすことが出来ました。本当に、言葉では伝えきれない感謝の気持ちでいっぱいです。

☆いつも提出物はすぐに提出するように心がけていますが、このアンケートばかりはなかなか筆が進みませんでいよいよ明日が卒園式。締め切りの前夜にやっと書いています。色々なシーンがあり情景は胸に迫り鮮やかによみがえりますが、総括しての言い表す言葉になりません。行きたくない日も泣いたら登園して、結局ズル休みをしなかったことは親として厳しすぎたのかなという思いと、よく頑張れたねという思いとが交錯します。少しずつ成長したのは毎日一日一日の積み重ねがここまで大きく育ったのだと思います。卒業前日にすれ違いの生じていたお友だちと話し合いを行ってわだかまりをとくことができました。単に一緒に遊んでい笑うだけの友達ではなくこじれた関係をいかに修復するか、人と向き合うという初めての経験を最後の最後に経験できたことはとても幸運であったと心から嬉しく思います。卒業前日のバタバタした時にもかかわらず、丁寧に時間を割いてくださった先生に深く感謝しています。園長先生は三年間を通して励ましてくださいました。今振り返ると、子どもにいろいろしてくださるように見えてその親にこそメッセージを送ってくださっていたのっだと気づかされます・三年間頑張れた本人にお疲れ様・ありがとうと言いたいと思います。そしてそれを支えて下さった先生方、お友達、皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

★星の子クラスから4年間、親子共々お世話になりました。入園当初は毎朝大泣きの登園で、親子共に不安でいっぱいのスタートでしたが、優しい先生やお友達、お母様方に支えられて、気がついたら毎日楽しく幼稚園に通えるようになり、私自身も安心して送り出せるようになりました。最後の一年間は色々な経験をさせていただき、お泊まり保育にページェント、卒園制作、音楽会と、どの行事も積極的に楽しんで取り組む姿が見られ、行事が終わるごとに子どもの自信満ちた表情を見ることができたり、様々な場面で成長を感じることができた一年になりました。マイペースな我が子でしたが、のびのびと過ごせる港南台幼稚園だったからこそ園生活を通じてお友達との関わり方を覚えたり、時には我慢すること、譲ること、友達と協力し合うことなど、友達の気持ちになって考えることができるようになったのではないかと思っています。親子ともに楽しい幼稚園生活を過ごさせていただき本当にありがとうございました。

< 戻る

地域の方